社交ダンス&競技ダンスの情報を伝えてダンス界を盛り上げたい!ダンス総合情報 ndnf.net

トレーニングをすべき理由

 競技選手にとって,ダンスの雰囲気や姿勢の良さ,表現性,ダンスの技術などは非常に重要であると思います.

 それと同時に,そのレベル相応の筋力も必要であると思います.

 西オーストラリアの研究者の研究によると,競技ダンス中の心拍数は,スタンダードにおいて170回/分,ラテンアメリカンにおいても168回/分が記録されているという結果も出ています.

 心拍数150以上の状態で行うスポーツはハードなスポーツに分類されます.
この研究を見ても,競技ダンスでは競技者のレベル相応の筋力が必要であると予測できます.

 競技ダンスのレベルが上がるに従いダンスに必要な筋力もついてくるという意見もあるとは思いますが,逆に「筋力をつけることで競技ダンスのレベルを上げる手助けをできるのではないか」という考えのもとで,この記事を書いています.

 実際は仕事や学業でそんなに練習出来ない人も多いと思います.そういった人の場合,筋力が低下していく場合もありますので,筋トレは非常に有効であると考えます.

 以上から,トレーニングを行うべきであると筆者は考えています.

参考書籍:Fitness And Conditioning For Competitive Ballroom Dance, Gino Fratangelo




投稿者:ハヤト(2011年11月新HP移行以前)
2011年11月の新HPへの移行以前の記事の投稿者です。
政治的に中立を保っています。
社交ダンスに関する私見は社交ダンス人のブログの2011年11月までの記事をどうぞ

カテゴリー: トレーニング

タグ 

  社交ダンスと競技ダンスの情報サイト ndnf.net

社交ダンスパートナー募集掲示板サービス開始

社交ダンスのリーダー、パートナーを探している方は是非利用してください。個人情報保護にも配慮しています。
社交ダンスのリーダー パートナー募集掲示板 マイパートナー