社交ダンス&競技ダンスの情報を伝えてダンス界を盛り上げたい!ダンス総合情報 ndnf.net

言語の違いによる理解の違い

 筆者は大学で脳科学を勉強していました.
脳科学からみた言語の違いによる理解の違いについて書きたいと思います.

英語でレッスンを受ける

 日本国内外で外国人コーチャーのレッスンを受ける時,ほとんどの場合は英語でレッスンを受けると思います.

「日本語で同じことを言われたが理解できなかったのに,英語だったらすんなり理解できた.」

という経験をした人もいるのではないでしょうか.

理解のメカニズム

 この理由の一つは,これは人間の脳で理解するメカニズムによると考えられます.

 日本語と外国語は脳内では普通,別の部分で理解されます.理解する部分が違うので,理解する内容も異なります.

 そのため「日本語では理解できなかったが,英語では理解できた」ということや「日本語よりもすんなり理解できた」というようなことがありえます.

 逆に「英語では理解できなかったが日本語なら理解できた」ということもあります

 また,外国語の語学レベルにより理解も変わってきます.

外国語についてかなり習熟している人と,初級レベルの人では,実は理解も違ってきます

外国語の習熟が進むにしたがってはっきり理解できるようなったりします.

 他にも,発言するとき日本語から外国語に翻訳して話すと思いますが,日本語から外国語に変換する時に,日本語で話す時には働かない脳の部分が働くことにより,理解が変化することがあります.

つまり「自分の思っていることを日本語から英語にして話したら何故か理解できた」

ということがありえます.

 理解のメカニズムにより,レッスンを受ける言語により理解が違うということがわかっていただけたでしょうか?

さぁ,レッスンを受けてみよう!

 外国語でレッスンを受けることで理解が深まるかもしれませんので,

「英語は苦手だから」と言う人も英語のレッスンを受けてみるのも良いのではないでしょうか.

他にも,日本語と英語の2ヶ国語話せる先生であった場合,日ごろは日本語でレッスンを受けると思いますが,時には英語でレッスンを受けてみるのはどうでしょうか.理解が深まるかもしれませんよ.




投稿者:ハヤト(2011年11月新HP移行以前)
2011年11月の新HPへの移行以前の記事の投稿者です。
政治的に中立を保っています。
社交ダンスに関する私見は社交ダンス人のブログの2011年11月までの記事をどうぞ

カテゴリー: 海外にダンス留学

タグ 

  社交ダンスと競技ダンスの情報サイト ndnf.net

社交ダンスパートナー募集掲示板サービス開始

社交ダンスのリーダー、パートナーを探している方は是非利用してください。個人情報保護にも配慮しています。
社交ダンスのリーダー パートナー募集掲示板 マイパートナー